1

taniguchi

ビザ

現場の人手不足を解消する方法、教えます!

外国人を労働者として受け入れることが可能になった、新しい在留資格「特定技能」。特定14分野であれば、学歴や実務経験を問うことなく、海外から労働者として外国人を呼び寄せることが可能です。現場の人手不足解消の道が開けるかもしれません。まずは正しく理解して、賢く活用したい制度です。
ビザ

期間更新

就労ビザは、“一度申請すれば終わり”ではありません。「在留期間」以降も続けて在留したい場合、前もって「在留期間更新許可申請」をしておかなければなりません。在留期限は一日でも過ぎると、アウト。不法滞在者となってしまいます。審査には2週間から1カ月程度かかり、スムーズに許可がおりるわけではないので、前もっての準備が大切になってきます。
ビザ

在外の外国人を雇用する手順 教えます!

海外に住む外国人を社員として採用し呼び寄せるには、どうしたらいいのでしょうか?在留資格について理解することのほか、就労ビザ申請と採用に関する全体的な流れを把握しておくと、物事をスムーズに進めることができます。わかりやすくチャート式で紹介しています。
ビザ

外国人雇用で処罰、アルバイトでも注意

留学生がアルバイトをするには、資格外活動許可を得なくてはなりません。不許可で就労すれば、雇用主も処罰の対象になります。就労時間も、長期の休み以外は上限28時間となっています。資格外活動許可の有無は、在留カードで確認できます。
ビザ

宿泊で、外国人雇用

ホテルや旅館、民泊における人手不足解消のために、どうすれば正しく効果的に外国人を雇用できるのか?「技術・人文知識・国際業務」「資格外活動許可」のみならず「特定技能」「特定活動46」などの在留資格も交えながら、わかりやすくまとめています。
ビザ

一時帰国する場合のサポート

「みなし再入国許可」「再入国許可」、どちらも再入国する際に在留資格の申請が不要になる便利な制度です。しかし、在留期間内に日本へ戻ってくることが絶対の条件であり、在留期間と有効期間を勘違いしてしまうと日本への再入国が困難になります。
ビザ

従業員のビザ申請をサポート

外国人の雇用に関して必要な情報を、わかりやすくまとめました。まずは「就労ビザ」について、知っておくと便利な「在留カード」の見方、そして外国人雇用のながれについても紹介しています。
教材

外国人社員のための 教材制作をサポート

2020年春から、厚生労働省において、外国語マニュアル等に関する制作費用支援の取組が始まります。外国人社員が仕事を覚え、効率を上げるには、読んでわかるマニュアルを作るにはどうすればいいのか?外国人雇用において成功を収めるのであれば見逃せないのが、マニュアル作りともいえます。当事務所が窓口を一つにして、お手伝いいたします。
暮らし

外国人従業員の 暮らしをサポート

従業員は、採用したら終わりではありません。外国人の場合、特に生活面でのサポートが必要になってきます。外国人スタッフが具体的にどのようなサポートをもとめているのか?そのヒントをまとめました。
会社設立

スタートアップビザ

地域は限定されていますが、「経営・管理」ビザを希望する起業家の卵に、最長1年の準備期間が付与されることになりました。「事業所の確保」や「500万円以上出資」という要件を整える期間が延長されたことになります。手続きの流れなどを、わかりやすくまとめました。
タイトルとURLをコピーしました