1

taniguchi

会社設立

会社設立に必要な、社長の実印登録

外国人も印鑑登録できます。会社設立や経営・管理ビザの申請を希望する人は、オリジナルのハンコをオーダーメイドしておきましょう。住宅ローンを組んだり、不動産の購入、会社の登記などにおいても実印や印鑑登録証明書は必要です。ネットからも注文できます。
ビザ

外食業で、外国人雇用

レストラン、喫茶店、食堂、料理店、ファーストフード店、仕出し料理店、宅配専門店等の外食分野で外国人の就労が可能になる特定技能ビザ。パティシエ、パン職人、コックをはじめとする飲食店のスタッフ対象。
ビザ

介護で、外国人雇用

介護で初めての外国人雇用なら、技能実習もしくは特定技能での採用が人気です。いずれにしろ外国人雇用には面接から雇用まで1年以上要することもあるので、ビザのこともしりつつしっかりとした雇用計画をたてるのがおすすめです。当事務所は面接前からのサポートに力を入れています。問い合わせはお気軽に。
ビザ

外国人に必要な、身元保証人

外国人のビザ申請や入社において、身元保証人が必要になる場合があります。身元保証人の条件や注意点、責任範囲を詳しく紹介するとともに、入社時の身元保証人との違いも解説しています。外国人を雇用する前にぜひ理解しておきましょう。
ビザ

外国人雇用に必要な、建設特定技能受入計画とは?

特定技能「建設」で外国人を雇用するには、就労ビザの申請をする前に、建設特定技能受入計画を提出して、国土交通大臣の認定を受けます。特定技能所属機関になるには、建設業の許可取得やハローワークへの申請等、準備に時間のかかる手続きも。すべてを当事務所で受付けます。
ビザ

特定技能 受入機関がすべき雇用後の届出

特定技能外国人を採用すると、企業には雇用契約終了までさまざまな届出が義務づけられています。入管法だけでも「随時の届出」と「定期的な届出」、大きく分けて8種類あります。たとえ登録支援機関に支援の全部を任せたとしても、届出義務は受入機関にある点に注意が必要です。遅れたり忘れたりすると、追加で書類を作成しなければならなくなったり、罰金や過料が課せられる事態にも。そのようなことにならないよう、届出に関してしっかり把握しておきましょう。
ビザ

特定技能 企業が受入機関になるための要件

特定技能外国人を受入れるには、主に5つの基本的な要件と基準が定められています。労働、社会保険、租税に関する法令違反をしていないこと、特定分野であること、もしくは日本標準産業分類に該当すること、特定雇用契約の適正な履行、支援計画の適正な実施、支援体制の確保等です。一つでもかけていれば、受入機関適合性がなく特定技能外国人を就労させることはできなくなります。
ビザ

コロナ特例措置、外国人対象に転職支援の動き

コロナの影響で解雇や内定を取り消された外国人求職者に、企業とのマッチングをサポートする取り組みを国が開始。転職先と雇用条件を結ぶと、在留資格「特定活動」が許可される特例措置です。N4の外国人を採用したい企業様にとっても、ビッグチャンスです。
暮らし

企業担当者必見!外国人雇用を成功させる取組み<3>

外国人はキャリビジョンをはっきり描いて入社することが多いので、企業も配置決定等においては明確に理由などを示さなければトラブルや離職の引き金になります。何事もあやふやにするのは、よろしくありません。仕事で使う専門用語やビジネスマナーを習得する上でのサポートも欠かせません。何からしていいかわからない・・・そんな企業様のために具体例も紹介しています。
暮らし

企業担当者必見!外国人雇用を成功させる取組み<2>

安心して日本での就労生活をスタートできるよう、在留資格の申請手続きや住宅の確保、日本語研修などのサポートが企業には求められています。
タイトルとURLをコピーしました