1

taniguchi

ビザ

農業で、外国人を雇用

特定技能、技能実習、特定活動の3種類の在留資格(就労ビザ)なら、外国人も農業に就けます。在留期間も、転職の可否も、一時帰国の可否も、それぞれの在留資格によって異なります。在留資格の申請手続するまえに、ぜひ理解しておきたい農業における外国人の雇用情報をお伝えします。
暮らし

コロナ給付金は、外国人にも支給されます。

新型コロナウイルス感染症緊急経済対として、1人一律10万円の特別定額給付金が支給されます。2020年4月27日時点で住民基本台帳に記録されていれば、外国人であっても受給可能。総務省にはコールセンターも設置されています。
ビザ

「外国人雇用状況の届出」、忘れていませんか?

「外国人雇用状況の届出」はすべての雇用主の義務です。提出期限は外国人の状況によって変わります。短期で辞めた外国人であっても、忘れずに届出ましょう。罰金30万円を課せられることもあります。
ビザ

日本語能力が不足する外国人に、どうやって仕事を教えるか?

外国人就労者サポートの取組は、やろうと思えば大変、やらないともっと大変。外国人を雇用するには、企業が最初に大変なことをきっちりしておけば後々スムーズに進む進むことが多いです。足らない日本語能力を補う取り組みは企業の義務、そう思ってぜひ取り組んで下さい。今なら助成金も使えます。
ビザ

コロナ不況で、失業の危機にある特定技能・技能実習生等らに特例措置

コロナの影響で失業した技能実習生や特定技能外国人を対象に「特定活動」ビザを許可。転職&最大1年間就労可能に。コロナ就職後の人手不足を危惧する企業には、優秀な外国人労働者を求めて採用する動きも!両者にとって、コロナはチャンスをもたらすか!?
ビザ

特定技能 6つの募集・採用ルート

初めて外国人を採用する企業の場合、単に「人材紹介」だけでなく、外国人雇用の注意点なども合わせてサポートしてくれるところと接点をもつのがおすすめです。行政所費等の専門家を顧問として活用する方法もあります。
ビザ

1号特定技能外国人支援計画とは?

1号特定技能外国人の場合、早く日本での就労生活に慣れるよう、受入企業による支援が求められています。それをまとめたものが「支援計画」です。9項目ある支援内容を、一つ一つ解説していきます。
ビザ

コロナで外国人を解雇!?在留資格変更手続きのための注意点

外国人社員が解雇、退職勧奨、雇用期間満了の雇止め等で退職する場合、将来の労使トラブルを未然に防ぐには、就労ビザ変更の手続きに配慮した取組みが欠かせません。在留資格の変更などの手続は書類がすべて。そのことを理解して、企業も外国人の解雇には配慮した取組みが望まれます。
ビザ

卒業後の就職活動は、「特定活動」にビザ変更を。コロナ特例措置あり

大学等卒業後も続けて日本で就職活動するには、「留学」から「特定活動」にビザ変更することが必要です。「特定活動」の在留期間は最長1年と決められていますが、コロナ感染症の影響でさらに更新か可能な措置をとることが4月3日より発表されました。
ビザ

「転職」する外国人を新規採用する場合の、注意点

在留カード、職務経歴書、就労資格証明書で、外国人があなたの会社で働いても問題ないことを確認してから採用しましょう。就労ビザを持つ外国人を安易に新規採用する際の注意すべき点についてわかりやすく紹介します。
タイトルとURLをコピーしました