1

ビザ

ビザ

外国人採用の注意点とは?

外国人を雇う場合、採用の成功は面接時から始まっています。せっかく雇用契約を交わしても、在留資格が許可されないと就労できないからです。事業所としては、面接時に何に注意して、どこを気を付ければよいのか?留学生、新卒、転職組の外国人などグループにわけて、注意点も在留資格の手続きについて紹介しています。
ビザ

アプリで在留カードをチェック

外国人を雇用する際は必ずチェックしなければならない在留カード。常時携帯が義務付けられる大切なものですが、かなり精巧な偽造カードが出回っていることも事実。採用した外国人が不法滞在者だった!・・・とすれば、雇用主は被害者ではなく処罰を受ける対象者になってしまいます。そこで出入国管理庁がリリースした無料アプリで、在留カードのチェックができるようになりました。
ビザ

自動車整備で、外国人雇用

深刻な人手不足にある自動車整備士業界で、外国人を雇うには技能実習のほかに特定技能制度がある。これらを使いこなすために必要な基礎知識<特定技能:上乗せ要件 受入機関編>をまとめた。もっと詳しく知りたい事業所様は、たにぐち事務所のオンライン相談で。
ビザ

コロナで帰国困難者に、アルバイトの道開く

新型コロナウイルの影響で帰国できない「短期滞在」「留学」「特定活動」「技能実習」等の在留者を対象に、在留資格の変更や更新手続きをすることでアルバイトも可能となる特例措置が設けられました。対象者は22,000人いると見られています。
ビザ

外国人採用の条件

外国人を採用するためには、事業所に課せられてる労働・社会保険・租税に関する規定を遵守しておく必要があります。労働基準法、最低賃金法、労働安全衛生法、労働者災害補償保険法等も日本人同様に外国人労働者にも適用されます。長く安定して働いてもらうためには、日本の労働慣行も理解した上で雇用契約を契約を結ぶのがベストといえます。
ビザ

外国人の面接を成功させる6つの秘訣

具体的に外国人の雇用計画が立てられたら、形式的に問題のない外国人を採用するために、在留資格について知っておくことが必要です。面接は、外国人があなたの会社で適応して働くことができる人材なのか否かを判断する大切な機会です。そのチャンスを生かすために、6つの質問を紹介します。
ビザ

語学講師に、外国人を雇用

外国人を教員や講師として採用する場合、「教育」や「技術・人文知識・国際業務」の在留資格が必要になってきます。語学を教える、やることは同じでも契約する機関によって在留資格が異なり、要件も違ってきます。面接前からそれらを把握しておくのがベストです。
ビザ

介護で、外国人雇用

介護で初めての外国人雇用なら、技能実習もしくは特定技能での採用が人気です。いずれにしろ外国人雇用には面接から雇用まで1年以上要することもあるので、ビザのこともしりつつしっかりとした雇用計画をたてるのがおすすめです。当事務所は面接前からのサポートに力を入れています。問い合わせはお気軽に。
ビザ

外国人に必要な、身元保証人

外国人のビザ申請や入社において、身元保証人が必要になる場合があります。身元保証人の条件や注意点、責任範囲を詳しく紹介するとともに、入社時の身元保証人との違いも解説しています。外国人を雇用する前にぜひ理解しておきましょう。
ビザ

コロナ特例措置、外国人対象に転職支援の動き

コロナの影響で解雇や内定を取り消された外国人求職者に、企業とのマッチングをサポートする取り組みを国が開始。転職先と雇用条件を結ぶと、在留資格「特定活動」が許可される特例措置です。N4の外国人を採用したい企業様にとっても、ビッグチャンスです。
タイトルとURLをコピーしました