1

ビザ

ビザ

在留資格変更許可とPOLOの申請

フィリピン人を雇う場合に必要な在留資格の変更許可申請の代行と、POLO申請が窓口一つでできるのは行政書士だけ。フィリンの送りだし機関選びもフルサポート。お客様はフィリピンサイドと一切接触せずに、フィリピン人の採用に必要な手続きがすべて完了するようお手伝いいたします。
ビザ

在留資格認定証明書、期限切れ。無効を有効にする方法

海外から外国人を招へいするときに申請する在留資格認定証明書は、交付されてから3か月しか使えません。その有効期限内に入国できない場合は、再度、こう申請する必要があります。コロナ禍では、特例でその有効期限を過ぎても「在留資格認定証明書」を有効とする特例措置が取られています。当方でもサポートいたします。
ビザ

在留資格認定証明書交付後、POLO申請

フィリピン人の雇用手続きに必要なPOLO申請は、在留資格認定証明書交付申請したらすぐに書類作成にとりかかるべきです。有効期限があるので、知識豊富な行政書士に相談するのがベストです。スケジュール管理を間違うと、有効期限がきれて再申請することになります。
ビザ

POLO申請&就労ビザ フィリピン人を雇用の為呼び寄せる手続き

日本で就労するフィリピン人が必ず持っていなければならないのが、日本の就労ビザとフィリピン政府発行の海外就労許可書=OECです。これからフィリピン人を呼び寄せようという企業様は特に注意が必要。OECが発行されていないと出国できず、OEC取得のためにスケジュールが3カ月以上遅れてしまうからです。窓口一つでサポートします。
ビザ

POLO申請 フィリピン送り出し機関選びからスタート

POLO申請がスムーズにできるかどうかは、フィリピン送り出し機関選びにかかっているといっても過言ではありません。信頼できるフィリピン送り出し機関選びを見抜くポイントはどこにあるのか?すべて英語で進められる作業を、日本の受入機関はどうやってこなせばいいのか?秘訣を紹介します。
ビザ

POLO申請 行政書士によるワンストップサービス

日本における就労ビザや在留資格の変更諸手続きを代行する行政書士が、フィリピン人の雇用に欠かせないPOLO&POEAの承認手続きを一括して窓口一つでサポートします。送り出し機関の紹介はもちろんこと、英文での書類作成やPOLO,POEAとの折衝などの登録支援をはじめ、日本で働くまでを徹底サポートします。
ビザ

外国人の転職と就労資格証明書

日本に在留する働く外国人が転職する前に申請しておくと、次回の在留期間更新がスムーズに延長できる就労資格証明書について、なぜ必要かを解説。奈良に居住の場合、奈良の出入国在留管理局へ申請します。交付までにかかる期間や必要書類についても紹介
ビザ

帰化許可申請

奈良、大阪、京阪神間で帰化申請をお考えの方へ。専門家だけで知っている帰化申請で許可が下りる重大ポントをわかりやすく紹介しています。自分で帰化申請したいと思ったら、まずは集めたい必要書類についても解説。全国規模で帰化申請をサポート。
ビザ

外国人は派遣社員になれる?

奈良や大阪の会社が、外国人を派遣社員で雇うことはできるのか?就労ビザの取得における注意点を申請の流れから探ります。外国人従業員はもちろん、派遣先、派遣元も審査対象です。審査のポイントから奈良や大阪の会社が外国人派遣社員を雇う場合の注意点を探ります。
ビザ

フィリピン人の雇用手続き、その流れと注意点

在日のフィリピン人を雇用するにあたっても必要になってくるのがPOLOやPOEAでの手続きと、OEC(海外雇用許可証)の発行です。送出機関の選定やPOLOとの書類のやり取り、面談に際に必要な通訳の手配など、フィリピン人を受入れるのが初めての受入機関にとっては戸惑うことばかり・・・当事務所が窓口一つでサポートします。
タイトルとURLをコピーしました